忍者ブログ
2018/10   09«   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    »11
[5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鮭が毎回微妙な焼き具合に成るのでインターネットで検索したりこちらでも見てるのと言えますが
「焦げ目がついたらひっくり返す」
とかそのような実現ばかりで詳しく何分くらいでどうしているのがいいか分からないです。
皆さんはだいたい何火でどれほど裏表を焼いてますか?

鮭に限らず、お魚を焼くには「強火」が通常です。
両面ともこんがり焦げ目がつけばOK。

ことろが、鉄則があるのはご存知ですか。

冷蔵庫から出して直ぐに焼かないです。
切り身なら15分程度、鮭丸ごとなら1時間、
冷蔵庫から出して常温に置いておくというようなこと。

それに、焼いた後直ぐに食べるのではなく
10分程度おいてから食べるとよいと思いる。

冷たいままで調理していると
お魚(お肉も同じ)は急激な加熱で「びっくり」して
身がきゅっとちじまっておいしく出来ないです。
それに、強火で焼いた時、周囲はキレイに焼けていますけど
真中はまだ生です。
そのことで10分程度おいておくと余熱で中まで熱が通ります。

10分程おいておくヒントは
焼きあがってお皿に盛ってから
ご飯やお味噌汁を盛って
身内に「ご飯だよ~」って呼べば
グッドころ合いです。
PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  フランスの星付きレストラン  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]